墨田区でリフォームやりますぜッ~早いのキレイの安いのッ 施工事例や料金、工期を比較、墨田区のリフォーム業者ランキング
HOME » 【豆知識】リフォームのABCってかいッ » エコなリフォームに注目

エコなリフォームに注目

ここでは、どうせリフォームするんなら材料も珪藻土やなんか自然素材を使ったり、シックハウス対策をするやなんかエコな家にするための方法を紹介しやす。

機能性に優れる、珪藻土など自然素材によるエコなリフォーム

どうせリフォームするんなら材料も珪藻土やなんか自然素材を使ったり、シックハウス対策をするやなんかエコな家にするための方法を紹介壁や床やなんか内装をリフォームする際にぜしとも検討してぇのが、自然素材を使ったエコなリフォーム。最近は自然素材をリフォームに取りぶちこむヒトが増えていやす。特にお子さんがいる家族なら、シックハウス対策にもなりやすし、温度・湿度調整といった機能面でも優位性があるぜ。

一方、自然素材は生きものともいえるので、きちんとしたメンテナンスが必要。ケアにてんから自信のねぇヒトには、手間のかかる住まいともいえやす。一般的には高価なイメージもあるもんで二の足を踏むヒトもいるかもしれねぇが、自然素材に強いリフォーム業者なら予算に応じた提案をしてくれる可能性もあるので、気軽に相談してみることをオススメしやす。

材料別の特性で考える自然素材のエコなリフォーム

リフォームでエコな家にしようとする場合、壁材や床材に自然素材を使うのが一般的。それぞれどのような素材があって、どのような特性があるのかを解説しやす。

珪藻土やなんか壁材の特性ってぇのは

壁の仕上げ材には火山灰や珪藻土やなんかがあるぜ。壁紙クロスを貼っていた内装を珪藻土にリフォームすると、調湿・耐火断熱・脱臭といった性能がアップしやす。

自然素材の壁では漆喰もあるが、調湿効果つう 面では珪藻土が断然上。カラーリングでも漆喰は白が基本で、珪藻土はカラーバリエーションが豊富なのも特徴だぜ。

ここんとこは、てめぇで塗装できる格安なDIYキットも市販されてるけどよ、おめぇ、やはりプロの仕上がりには及びゃしねぇよ。価格ももちろんけど、おめぇ、質感が大切な自然素材だっからよこそ、仕上がりの美しさにもこだわりてぇものだぜ。リフォーム業者の施工例やなんかを見て、どんなイメージにしてぇか、よく相談しやしょう。

無垢材やなんかフローリングの特性ってぇのは

無垢材も調湿・断熱効果があるため、素足で過ごすのにも快適。夏に涼しく冬に暖かい家を目指すなら検討してぇリフォームだぜ。 けどよ、湿度や温度の影響で反りや割れ、隙間やなんかの変形をする可能性があり、床暖房ホットカーペットやなんかには適さねぇのがデメリット。

ここで紹介した自然素材はごく一部でも、日本は高温多湿な気候に分類されるため、こうしたエコなリフォームは住まいを快適にする大きなメリットがあるといえやす。